入試情報

保護者の皆さまへ

保護者の皆さまへ

本校は1937年の創立以来、ファッション業界にデザイナーの森英恵先生をはじめとする多くの卒業生を輩出してまいりました。

二葉ファッションアカデミーの高等課程は、中学校卒業者に対し、中学校教育の基礎の上に職業社会人としての基本的な資質、専門的な知識・技術・技能を習得させ、社会で活躍する人材育成を目的とした学校です。さらに1985年からは東海大学付属望星高等学校との技能連携により、ファッションやビューティーを学びながら、高等専修学校と普通科高等学校2校の卒業資格を取得することが出来ます。

入学をされた生徒や保護者の皆さまからは、「こんな学校があったんだ!」という声をよく耳にいたします。と同時に部外の方からは、「何も若いうちから分野を絞り込まなくてもいいのに・・」という声も耳にいたします。

本校の生徒たちの中には、普通教科の勉強が苦手な生徒もいます。そして中学時代不登校を経験した生徒もいます。そんな、生徒たちが唯一「ファッションやビューティーは好きだから、一生懸命やれるかも」という自分への期待に対して、私達は力の限りアシストしていきたいと考えています。

二葉ファッションアカデミーは、より先進的なキャリアプログラムを構築し、高等専修学校としてファッション&ビューティーという分野に特化した職業教育を実践しています。と同時に社会人になる為に大切な普通教科の学習も、しっかりと時間をかけ生徒が理解出来るまで教えることにより、大事な高等学校卒業資格を取得することが出来ます。このような授業が展開出来るのは、クラスが少人数制であること、そして学校がファッション&ビューティー業界と深いパイプを持ち、教員が実社会を熟知していることに他なりません。

2013年からは、文部科学省委託事業「成長分野における中核的専門人材養成の戦略的推進事業」に参画、「服飾系高等専修学校における産官学連携による実践的な職業教育アドバンスド・コースの研究開発」を行いました。

少人数制という特徴を活かしながら、地域に密着したより実践的なファッション教育の質向上に務めるとともに、フレキシブルな発想と時代を創造することのできるクリエーターの育成にこれからも全力を注ぐとともに、素質や才能ということよりも、ファッションやビューティーが好きという生徒の皆さんに御入学いただきたいと思っています。