学校情報

学校の歴史 おかげさまで80周年

1937年〜

1937年 東京都武蔵野市吉祥寺、本校舎位置に元学園長古屋キノが洋裁教室を開校。
1947年 二葉ドレスメーカー女学院として東京都より認可。
1963年 私立学校法による学校法人に組織改変、古屋学園の設立が認可。
1976年 専門学校制度により二葉服飾専門学校と校名を変更、洋裁科・和裁科を設置。専門課程として昇格し認可。
1984年 二葉服飾専門学校新校舎(地上8階、白亜の第4校舎)を建築。
1985年 東海大学付属望星高等学校との技能連携を開始。これにより、生徒は高等専修学校と高等学校2校の卒業資格を、同時に取得出来ることになった。
1993年 二葉服飾専門学校を「二葉ファッションアカデミー」に校名変更。
2005年 創立70周年記念事業として吉祥寺駅前古屋学園二葉ファッションアカデミー新校舎(地下1階、地上10階)を4月に竣工。
2009年 第9回全国高等学校ファッションデザイン選手権大会、東京都代表校に選出。準優勝を受賞。
2010年 井の頭恩賜公園開園100年に向けてのイベント「井の頭100祭」に参加。自作・自演のファッションショーを披露した。第10回全国高等学校ファッションデザイン選手権大会、東京都代表校に選出。準優勝及び全国の教員が選ぶキラリ賞をダブル受賞。
2011年 第11回全国高等学校ファッションデザイン選手権大会、東京都代表校に選出。
2013年 文部科学省委託事業「成長分野における中核的専門人材養成の戦略的推進事業」に参画、「服飾系高等専修学校における産学官連携による実践的な職業教育アドバンスド・コースの研究開発」を行う。(平成27年まで)
2013年 新宿BLAZEにて開催された、音楽とファッションのイベント「FUSE THE SOUL」に高等専修学校として唯一参加、自作・自演のファッションショーを披露した。
2015年 パターンメーキング技術検定試験3級を3学年生徒が受験、東日本の高等専修学校では初めての合格者となった。