理事長ごあいさつ

理事長 手嶋 達也

greeting01

平素より専門職業人教育に深いご理解とご協力を賜り改めまして心よりお礼を申し上げます。
さて古屋学園は2017年に80周年を迎えることが出来ました。
これは先人たちまた現在の教職員の弛まぬ努力と教育に情熱を継続してきた歴史の結果であります。
私たちは90、100周年と教育の質の向上のため新たなステージを創造し続ける思いを新たに確認いたしました。

本学園は次の中期計画として「原点回帰」二葉セカンドステージ3ヶ年計画を策定しました。
それは建学の理念である「涵養の精神と職業人としての自立」を実践するため次の3点を身に付けると定め
1、挨拶 2、基礎と基本(技術、知識,、マナー) 3、話し合う(コミュニケーション)
1年2年養成では徹底的に身に付ける3年4年養成ではプラスαとしてそれぞれの専門分野を
上乗せしてゆくことが大切であると考えます。
合わせて今日まで積み上げてきた学外協力の一部を申し上げますと以下のようになります。

二葉ファッションアカデミー
●「ハハ」ブランドでの東京コレクション参加と産学連携(メーカー、専門店)による取り組み
「二葉」マルシェ(作品等の販売実習授業)の継続、制服のデザイン提供の継続(新規)

二葉栄養専門学校
●社会貢献の一環として社会福祉法人の福祉バザーや連携事業(栄養指導、献立作成など)
また商工会議所、JA、三鷹ファーム提携の特産品づくり、教職員、学生諸君を含めた3校合同研究発表会
関連外郭団体の技術考査及び実力認定試験など

専門学校 二葉製菓学校
●国内外でのコンテストへの参加(ジャパンケーキショーやFabex
フランスでのCoupe du monde,イタリアでのCigepなど)海外研修を含め参加

ダイバーシティーと言われる環境社会における立ち位置の確保として改めて
「職業人としての自立」にはやはり、基礎基本の徹底的な体得と情報の
整理整頓、分析の上で吸収、などと「地力」を付けた対応力にあると確信しています。

私たちは在校生、卒業生、地域社会と応援企業の皆様と連携を継続し努力してまいります。

学校法人 古屋学園 理事長 手嶋 達也